マクロ経済学入門

『マンキュー経済学(2)マクロ編』(マンキュー著)

『マンキュー経済学』は世界で最も売れているマクロ経済学の教科書です。図解をうまく使ってとにかく分かりやすく、前バージョンは管理人も学部生の時にタイヘンお世話になりました。AD−AS分析とIS−LM分析のつながりを非常によく理解できたことを憶えています。
日本も含めた事例も豊富で、さらに今回の改訂から経済を理解するのに不可欠なファイナンスの基礎も解説を新たに加えています。
Amazon.comオススメ度・・・マクロ経済学入門マクロ経済学入門マクロ経済学入門マクロ経済学入門マクロ経済学入門(4.0)


マンキュー経済学(2(マクロ編))第2版
■価格 税込4,200円(送料無料)
■著者 マンキュー(東洋経済新報社)
■サイズ 614ページ(単行本)
※品切れの場合はコチラ(マンキュー経済学〈2〉マクロ編 by Amazon.com)
※原書(英文)の入手はコチラ(Macroeconomics: International Edition

もくじ

  1. イントロダクション
  2. マクロ経済学のデータ
  3. 長期の実物経済
  4. 長期における貨幣と価格
  5. 開放経済のマクロ経済学
  6. 短期の経済変動
  7. おわりに

 

この本の著者

グレゴリー・マンキュー
現在、ハーバード大学経済学部教授。
米国大統領経済諮問委員会(CEA)委員長も経験(2003年)。
専攻分野はマクロ経済学で経済学部生向けテキスト『マクロ経済学』は全米ベストセラー。
時事問題に関するコラム・批評も頻繁に発表。ブログもあります。

『マンキュー経済学(2)マクロ編』マンキュー著関連エントリー

『マクロ経済学』スティグリッツ著
マクロ経済学入門『マクロ経済学』スティグリッツ著のレビュー記事です。
『入門マクロ経済学』中谷巌著
マクロ経済学入門『入門マクロ経済学』中谷巌著のレビュー記事です。

スポンサード リンク