経済学 教科書

経済学を学ぶための入門の教科書

■このページの対象・・・高校〜大学基礎レベルの経済学を学ぶ人、経済学部を志望する人、国家試験やアナリスト試験などで経済科目を受験する人、エコノミストやアナリストのリサーチレポートを理解できるようになりたい人。

 

■経済学を学ぶにあたって、まずはマクロ経済学とミクロ経済学を習得することが全体の基礎となります。こちらのページでは、マクロ経済学・ミクロ経済学の基礎を網羅した“経済学”を学ぶに当たっての入り口で、標準的な(分かりやすく世界中で読まれている)入門書を紹介しています。標準書を読み進めることで、今後の応用分野に対するしっかりした基礎知識を養うことができます。

経済学入門エントリー一覧

『マンキュー経済学入門』マンキュー著
『マンキュー経済学入門』は「経済学」とはどんなものか?を知るのには最適な、世界中でもっとも読まれているベストセラー入門書です。マンキュー教授の書いた教科書はこの後にマクロ経済学など続いていきますが、どれも図解が豊富で非常に分かりやすく書かれています。これから経済学を始める人も、昔経済学を学んで思い出したい人も、とりあえず読む一冊としてオススメできる良書です。Amazon.comオススメ度・・・(4.5)
『スティグリッツ入門経済学』スティグリッツ著
『スティグリッツ入門経済学』は『マンキュー経済学入門』に続いて、世界で読まれている標準的経済学入門教科書です。日本語版の特典として、数学の補論があったり、事例なども非常に豊富に掲載されており、丁寧に纏め上げられた入門書です。ページ数も多く、時間がありじっくりと取り組みたい人・入門で完結したい人にはオススメの経済学入門教科書です。Amazon.comオススメ度・・・(4.5)
『入門経済学』伊藤元重著
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」のコメンテーターでもおなじみの伊藤元重東京大学教授の教科書です。数式をなるべく使わずに解説する経済学入門書として定評があり、多くの大学の教科書としても使われています。2009年2月に大幅に改訂され、新しい経済学の流れや現実経済についても解説が豊富になっています。Amazon.comオススメ度・・・(4.5)

スポンサード リンク